Commerce Summit One to One

Super Vast Data!

Premium Session 16:50

セッションサマリー

ECの拡大によって店舗とECは競合するものから補完する関係へと変化しつつあります。
このトレンドにおいて重要なのは、これまでの
・EC→データ種類 多 トランザクション 少
・店舗→データ種類 少 トランザクション 多
という構図が成立しなくなり、
・EC&店舗→データ種類 多 トランザクション 多
という現象が起こることです。
結果として取り扱われるデータがVast(莫大)になるだけではなく、データとトランザクションとの掛け合わせでSuper
Vastなデータがどんどん生み出されていくでしょう。
その結果データに色付けして選り分けて取り扱うという取り組みが必須になって行きます。
実際のリテールにおける今後の具体的なOMOの展望も交えご紹介します。